HOME>特集>40代の婚活は穴場を狙う!自分から出会いを勝ち取りに行こう

目次

辛口だから自覚できる

独身でもいいやと呟いていたのに、40代になって、急に結婚がしたくなることが不意に訪れます。40代の婚活は「自覚」が必要という風にいわれています。近年、自覚させる意味の辛口セミナーへの参加者が増えているといいます。婚活アドバイザーや仲介役が、これまで培ってきたノウハウをまとめてくれます。20代や30代の様にはいかないことがある、成功に必要最低限のことだけをまとめています。遠回りしない、最短でのルートを示してくれる辛口トークなので、志気を高められる人が続出しています。

穴場となる場所で活動

仕事と生活を両立させたい、お互いを尊重して結婚生活を送るのが理想など、40代での婚活事情には、理想論だけを条件に活動する人は少ない傾向です。それなりに経験も積んでいる年代で、酸いも甘いも知っており、先が無いことも理解しているようで、結婚の機会はあったけれど、結局しなかったことが敗因ともいいます。しかし、いずれ結婚はしたい、そう思えるのも事実のようで、そのための自分磨きや情報収集に、セミナーに参加しています。そこからも、多くの成婚者が誕生していることもあり、活動場所として意外な穴場といわれています。

待ち人を自分から探すこと

「自分に合った相手」を探すために婚活をスタートするならば、念頭には、今より若い時は来ないということを婚活アドバイザーが指摘しています。若い内ならまだしも、人間関係もあらかた構築された40代では、待っているだけでは待ち人は来ず、自ら作りに行くことが必要です。仕事や趣味を優先していたのなら、恋愛や結婚優先のライフスタイルにチェンジしましょう。婚活パーティーや出会い系アプリなど、無料参加よりも費用は掛かりますが、的を射られるお見合い形式に目を向けてみましょう。

多忙でも余裕を見せる

40代ともなれば仕事も充実、何かと忙しさを口にしますが、婚活中は異性に対して、多忙はNGワードです。会う時間が無いのなら、愛を育むことすら難しくなります。良い意味で40代らしくいることに気をつけておきましょう。婚活アドバイザーいわく、年齢を重ねたからこそ、余裕や包容力がある、こうした魅力を上げています。